作業療法士の求人・転職へ勝つ道~思ったような職場に付く為に~

これから作業療法士の求人探しや転職を考えている方へ、少しでも良い雰囲気や条件(給料や勤務時間など)の職場を探しているかもしれませんね。

そんな作業療法士の求人を探す時、作業療法士の求人サイトや転職サイトを利用する方も多いでしょう。

当サイトでは頑張って作業療法士の資格を取得し、これから晴れて作業療法士への求人・転職をされる方へ就業前後で話が違うと言った事がないような情報を配信していきたいと思っています。

作業療法士というリハビリテーション系の職場は決して多いわけではありません。

この為、どうしても妥協をせざる終えないと言うのが現状です。

専門学校からの求人案内を見てもそれがわかるかもしれませんね。

しかしここで作業療法士への求人、転職を妥協してしまうとせっかく夢とやりがいを持って職場に!と言う気持ちも段々薄れてきてしまいます。

そんな事にならないように、当サイトでは作業療法士の求人、転職が少しでもうまく納得出来るものになるような情報を配信していきますので最後までごゆっくりご覧ください。

作業療法士の求人に求められているのはどんな事なのか?

作業療法士と言うのはまだまだ認知度の高い職業ではありません。

リハビリテーション系の職業で、応用的動作や社会適応能力の回復を図るための作業を行う仕事ですね。

そんな作業療法士の求人にはどんな事が求められているのでしょうか?

一番重要なのは、患者さんとのコミュニケーション能力と患者さんに共感をする力なのです。

特に相手をする患者さんが心身に障害を抱えている方の場合は、患者さん自体がとてもナーバスになっているものです。

不安や混乱、イラつきなどいろいろな感情が出ています。

そんな時に作業療法士の方は患者さんと近い距離にいながらしっかりとコミュニケーションをとって行く必要があり、これを病院や介護業界の方は求めているのです。

いろいろな作業が患者さんによって違ってくるのが作業療法士の方の仕事になってきますので、相手(患者さん)の気持ちをしっかりと読み取る力、そして率先して動いていくと言う事も作業療法士の求人には求められている部分なんですよね。

【最大10万円の祝い金】作業療法士で転職するなら作業療法士WORKへ!

作業療法士にはどんな就職先が多いのか?

作業療法士が活躍できる場。

それは「身体障害領域、精神障害領域、発達障害領域、老年期領域」となります。

もちろんこれ以外にもリハビリ系の学校であったり、行政の中で働く作業療法士の方もいます。

ここっであなたがどんなところで働きたいのか?と言う事をしっかりと決めなくてはいけません。

医療系で働きたいな!と思っていても、求人を出していないところもたくさんありますし、なかなか作業療法士の求人が思ったように見つからないかもしれません。

こういう場合には、福祉系や介護業界にも目を向けるのが良いでしょう。

作業療法士の給料や待遇ってどうなの?

実際に作業療法士を活かせる職場への求人を探していても、大きく気になる部分が給料や待遇面ですよね。

これは作業療法士だけではありませんが、勤める医療機関や業界によってかなりのバラつきが見られます。

あくまでの一般的な事例ではありますが、医療機関だと作業療法士の給料も高くなる傾向にありますし、福祉関連の職場だと給料は安くなる傾向にあります。

また作業療法士の給与の特徴としては、初任給は高くてもその後の昇給が少ない、なんて言う特徴もあると言われていますね。

作業療法士の年収としては350~500万円ほどが平均的な給料相場となっています。

月給で言うと25~30万円ほど、と言ったところですね。

すべてが給料だけで作業療法士の求人活動をするわけではないと思いますが、こうした最低限の知識を知っておくことも重要な事になってきます。

作業療法士の待遇や職場環境について

作業療法士と言う仕事は特別給料が高い職業ではありません。

しかし作業療法士を必要としている企業や医療機関も多いため、待遇面や職場環境は比較的良いところが多くなっています。

保険や手当てが充実しているのも作業療法士のメリットと言えるでしょう。

どうしても作業量が多いお仕事になるので、待遇が良いとも言えるのかもしれません。

また正社員が中心のお仕事にはなるのですが、中には派遣や非常勤と言う雇用形態の方もいらっしゃいます。

こういった方は作業療法士の転職をしやすい環境に身を置いていると言えますね。

作業療法士の平均年収労働時間について

平均年齢 31.2歳
勤続年数 5年
労働時間 164時間/月
超過労働 5時間/月
給与月額 276,800円
年間賞与 620,500円
平均年収 3,942,10円
勤続年数 5年

引用元:厚生労働省「平成24年度 賃金構造基本統計調査」

作業療法士の求人、転職探しをする前にこちらのデータもご参考にしてください。

このデータを見ると、残業などはけっして多いわけではなく年間賞与も3ヶ月ほどと言ったところですね。

ブラック企業のように働きにくい環境ではないのがわかると思います。

作業療法士の方のお休みと言うのは土日休みではありません。

ほとんどの場合、シフト制なっていて週休二日はしっかりともらえる傾向にあります。

日曜日はお休みの勤務先も多いのでプライベートも充実できる職業と言う事が言えるでしょう。

【最大10万円の祝い金】作業療法士で転職するなら作業療法士WORKへ!

作業療法士の数が増えている為、求人・就職は困難になる可能性が

作業療法士が活躍出来る求人先も増えてきています。

リハビリ業界や医療機関ですね。

しかし作業療法士になる方の数も急増している状態ですので、このままでは作業療法士への求人や転職、就職が厳しくなる事も予想されています。

全体的には作業療法士が活躍出来る市場は拡大しているのですが、誰でも人気のある医療機関(病院など)に就職したいと考えますよね。

作業療法士を活かせる仕事場であれば、と言う事でしたら就職先に困る事はないのですが人気不人気が大きく分かれているので人気の職場だと倍率がとても高くなっているのが現状なのです。

こういった事もありますので、作業療法士の求人であなたが納得の行く就職先を見つけるには、この業界の就職エージェントを利用した方が確実に希望に近い職場を見つける事が出来るのも事実と言う事ですね。

これからは作業療法士の需要もどんどん拡大していくと予想されており、特に認知症患者が増えているのもありますので作業療法士の必要性はどんどん高くなっていくでしょう。

その中でも冒頭でもご説明したコミュニケーション能力や適応力、またはその現場での柔軟性が求められてくると言っても良いのではないでしょうか?

あなたに最適な作業療法士の求人を見つける求人エージェント

このように作業療法士の求人と言うのは、需要が拡大しながらも人気の職場やそうじゃない職場が大きく分かれているとも言えます。

作業療法士の就職先の選び方としては、

  • ハローワークや養成学校の求人票を見る
  • 専門学校からの紹介
  • 実習先にそのまま就職
  • ボランティア先での就職
  • インターネットの求人サイトを活用する
  • 求人情報誌から探す

ほとんどの方がこの中に当てはまると思います。

しかし結局は就職をしてみないとわからない、と言うのが現状で出来れば失敗をしたくない!と言うのは作業療法士の求人を探す方の心理なのではないでしょうか?

特に初めて就職する作業療法士の方は、実際に職場がどんな環境なのか?と想像もしにくいケースが多いと思います。

そこで当サイトでは、作業療法士に特化した転職エージェント(求人エージェント)をご紹介しています。

いろいろな求人サイトや転職エージェントがある中、なぜ作業療法士WORKなのか?

これはとても簡単な理由で、作業療法士に特化している求人サイトだからです。

医療系全般を扱っている求人サイトも多くありますが、そういった求人サイトでは作業療法士はその中の一部にしかすぎません。

しかし作業療法士WORKでは、作業療法士に特化した専門家が間に入ってくれますので、より具体的に就職先の事を知ることが出来るのです。

リハビリ業界の特化型求人サイトと言うのはとても少ないのですが、だからこそ今作業療法士の求人を探している方には注目を集めているサービスなのです。

もちろん完全に無料で利用することが出来ますので、これから作業療法士として働きたい方や新しい転職先を探している方は一度作業療法士WORKをお試しください。

かなり対応の評判が良いのもあり、満足できる就職先を見つけてくれることでしょう。